散らかしメルヘン例え

12 4月

普段から夫はペットボトルで水分を摂り、食事はジュース系で食べています。

100歩譲ってそれはいいとして、私は片付けができないことに腹が立っています。
ペットボトルは飲んだら飲みっぱなし、
お試しで買ったものが口に合わなければ、ほとんど残ったまま置いてあります。

昨年、家族が増えるにあたって、広めの新居に引っ越しましたが、
夫の部屋になっているところは、数日でペットボトルだらけです。

一緒の部屋であれば私がついでに片付けてしまうのですが、
もう嫌でしょうがなくなっていました。

だからとうとう自分で片付けるように言ったんです。

そしたら、
「えー、遊園地みたいで楽しそうじゃん」
とふざける夫。
色んなペットボトルが立っているのが遊園地に見えるようです。

「あの部屋に入りたくもないから。」「え、なんで…」「汚いから。


と、そんなやりとりで夫は多少ショックな顔をして、
夜中にラベルはがしてゆすいで、流しに乾かしていました。

昨日はイライラしましたが、朝、流しを囲むように置かれたペットボトルを見て、
夫の「遊園地みたい」を思い出して、ついクスッとしてしまいました。